So-net無料ブログ作成

映画「宇宙戦艦ヤマト 復活編」星無し [映画]

 ヤマトファンにとっては楽しみな作品でしたが、あまりの駄作にがっかりしました。
ストーリーの設定は毎度お馴染みですが、これはさておいて脚本の雑さと理不尽な内容に辟易しました。台詞の中に「死に方」が頻繁に出てきますが、これは耳障りで仕方がありません。このような映画で人間の死に方を刷り込もうとは、あげくに戦争に「武士道」とは、戦争に道理など無いのは過去の多くの歴史が証明している事です。また、太平洋戦争時の航空母艦の名前を付けた戦闘艦まで登場し体当たり攻撃をするとは、とても見るに耐えない映画でした。いや~、原案が石原慎太郎とあり、驚きました。これで、全てが理解できました。過去の「宇宙戦艦ヤマト」は、素直に楽しめる映画でしたが、この作品は魂を石原慎太郎に売り渡してしまっています。残念ですね(-_-;)。
 ただ、格段に進歩したアニメ技術だけは納得出来ました。勿論、とても子供に見せられる様な映画ではありません。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

hiroくん

全く同感です。
最初に出てきた石原慎太郎にはびっくりしました。
何これ?
これだけで中身がなんかなあ?てな感じがしました。
戦時中の国策映画(観た事はないですが)みたいな
ものでしょうか?
絵柄も現代的ではなく、それがいっそう時代がかった
感じをさせているのかも。全体的に色が暗いし
松本零士のキャラじゃないので期待はしていません
でしたが湖川友謙のキャラも旧く感じられるように
なったのは残念です。
西崎義展の字がやたらと大きくてウザかった。
そこまでして目立ちたいのか?品性を問われます。
今年のスタートレックは4回観てブルーレイも買っ
たけどヤマトは1度で十分です。
これからを期待させるような何かワクワク感が無い
ので個人的にはお勧めできません。


by hiroくん (2009-12-13 03:47) 

大和武遵

初めまして。
拝見させていただきました。
まぁ、そういう風に感じられるのは、仕方ないところはあります。
でも、今回このような映画が公開されたのは意義があったのではないかと思いますよ。
前は何回も企画されては頓挫した経緯がありますし。

文章の中で、駄作、と書かれていらっしゃいましたが、果たして子供に見せられないような作品なのでしょうか?
感じ方は人それぞれであり、それを判断するのは当人です。
それに「何の突っ込みもしようがない。」「良くも悪くもない。」のような評価しようがない作品ではないですよね。

それに過去のシリーズ作品の続編とは言っても26年経ってるのですから、続きと考えて見るのは、さすがに無理があるでしょう。
過去の作品は過去の作品。今回のは別物として見た方が良いと思いますよ。
by 大和武遵 (2009-12-13 15:33) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0