So-net無料ブログ作成
検索選択

参議院行政管理委員会 [原発]

 本日の東京新聞の朝刊に、昨日開かれた参議院行政管理委員会の記事が載っていました。参考人として京都大学の小出裕章氏、地震学者で神戸大学の石橋克彦氏、元東芝技術者の後藤政志氏、ソフトバンク社長の孫正義氏が出席したとの事で、早速その様子の動画を検索してみてみました。兎に角、管理委員会がこれだけの反原発の論客をよく呼んだものだと驚きました。以前では考えられなかった事で、政治家も原発について真剣に考えなければならない状況に有るといくことに気が付いたと言うことでしょうか。そらは、現状が依然として危機的状況にあると言う事です。
 参考人質疑の動画を見てみました。三時間以上の内容でしたが、一気に見入ってしまいました。原発を考える上で知らなければならない多くの問題が提起されています。特に、NHKTV等で発表されている放射線量はγ線の値だけでα、Β線を含めた値ではない事。内部被爆に大きく影響するα、Β線の値が発表されないのには、何らかの意図があるのかも知れないとの発言もありました。また、事故以来これらを計測する機器500台が税関で足止めになっている事も明らかになりました。これによって、大手マスコミが報じない事実や原発に関する論評を知る事が出来ます。是非ご覧になって下さい。それにしても、この委員会の最後に発言した政務官の言い分は、とても国民の一人として受け入れられないものでした。憤りを感じずにはいられません。






nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

さち

貴重な情報ありがとうございます。知りませんでした。
この記事をリンクさせてください。
by さち (2011-05-25 18:45) 

nekocoro2

さち 様
コメントをいただき有難うございます。
どうぞ、ご自由にリンク下さい。少しでもたくさんの人達に見ていただければ嬉しく思います。
by nekocoro2 (2011-05-26 09:22) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0