So-net無料ブログ作成

映画「皆殺しのバラッド メキシコ麻薬戦争の光と闇」ドキュメンタリー [映画]

皆殺しのバラッド  「手にはAK-47 肩にはバズーカ 邪魔する奴は頭を吹っ飛ばす 俺たちは血に飢えているんだ 殺しには目がないぜ」過激な歌詞の歌がメキシコ系アメリカ人やメキシコで流行っているそうです。このナルコ・コリードと言う歌を中心にメキシコで2006年から始まった国と麻薬カルテルとの麻薬戦争を描いたドキュメンタリー作品です。
 メキシコではこの麻薬戦争で7年間に7万から12万人が死んでいるそうです。次々に暗殺される警察官、殺人事件で起訴されるのは10%以下。アメリカとの関係、貧困、麻薬、メキシコの今、安心して生活出来る社会になるのは何時と・・・。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

映画「小さき声のカノン」ドキュメンタリー [映画]

 福島第一原発の事故による影響など無いかのようなこの頃のこの国。国や御用学者、電力会社は、早く帰村させて事故、被爆など無かった事にしたいようです。
 この作品は子供を守るために自ら学習、行動して内部被爆から子供たちを守ろうとしている母親達の小さな声と行動を描いています。チェルノブイリ原発事故後のベラルーシが行っている対応策も紹介されています。それは、日本のそれと比較すればするほど日本の国や関係機関の無策、無責任と早く終わらせたいとする明確な意志が感じら、憤りをおぼえます。国民を助けよう等という考えはまったく無いのでしょう。
 子供を守ろうとする母性の強さに感動します。動物の世界でも子供を守り育てるのは殆どが母親ですね。人間も含め雄の役割は何なのでしょう。私も雄でした。
 事故を無かった事にしないためにも、是非観て下さい。監督の鎌仲ひとみさんのインタビューもご覧になって下さい。
小さき声のカノン

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

映画「セッション」★★★★★ [映画]

 さまざまな映画賞を受賞した音楽ドラマです。ジャズドラマーを目指して名門音楽大学に入学した主人公を待っていたのは、鬼教授のレッスンでした。人間の対立など超越してしまう音楽の魅力を教えてくれます。身が震えるほどのジャズの演奏、たまらないです。
 教授役のJ・K・シモンズ(60歳)の演技が素晴らしいです。いや~、まいりました。本年度のアカデミー賞助演男優賞を断トツの支持で受賞したことに、納得します。音響設備の良い劇場で観て下さい。先日、日比谷まで出かけてチケット完売で観られなかったのですが、ようやく観られました。平日のチケットが完売する理由がわかりました。
セッション
タグ:セッション
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

映画「アルプス 天空の交響曲」★★ [映画]

 実は『セッション』を観に行ったのですが、1時間も前にチケット完売とは。仕方なく観たのがこの映画でした。
 この手の映像はテレビの旅番組でたくさん放映されていますので、それほど魅力は感じていませんでしたが、ヘリコプターからの空撮でアルプスの雄大な姿、人間や動物の営みとともに破壊されつつあるアルプスも知る事が出来て、テレビ番組とは一味違った映像を楽しめました。
アルプス
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画