So-net無料ブログ作成

映画「レディ・プレイヤー1」★★★★★ [映画]

 スティーブン・スピルバーグ監督は『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』と同時にこんな楽しい作品を作っていたんですね。
 いや~、面白い、楽しい映画です。ガンダム、メカゴジラまで出現。その他、お馴染みや懐かしいキャラクター次々に。スピルバーグ監督に脱帽。次作のレディ・プレイヤー2が楽しみです。
 レディ・プレイヤー1
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

映画「パシフィック・リム:アップライジング」★★★ [映画]

『パシフィックリム』(2013年公開)シリーズの第二弾です。
 このようなSFアクション作品は、好き嫌いがありますね。まああまり深く考えずに楽しめました。
 突っ込みどころは色々ありますが、東京の街並みをもう少しリアルに表現して欲しいです(笑)。
パシフィックリム
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

映画「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」★★★★ [映画]

 ウィンストン・チャーチルを演じた主演が、第90回アカデミー賞で主演男優賞を受賞したのに納得します。
 このアカデミー賞のメイクアップ&ヘアスタイリング賞を日本人の辻 一弘さんが受賞していますが、この受賞後のインタビューでの発言が素晴らしいです。クライマーにも通ずる内容だと思います。
 作品全体に迫力が満ちています。昨年9月に公開された「ダンケルク」を観てからこの作品の観賞すると、より理解し易いと思います。
チャーチル 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

映画「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」★★★★★ [映画]

 米誌「ニューヨークタイムズ」の後を追ってペンタゴンの秘密文書を「ワシントン・ポスト」誌が報道するまでを描いた作品です。報道の最終決断をした女性社主と編集主幹の勇気に敬服します。
 最後まで緊張して観ていました。スピルバーグ監督、メリル・ストリープ、トム・ハンクスと見どころ満載です。
 訴えられた新聞社を後追い記事で援護する多くの新聞社、良識ある判決を出した連保最高裁、アメリカにはまだまだ民主主義が生きているようです。この時期にこのような映画が作られる事こそその証です。この映画の中には、報道関係者だけでなく私達に向けたたくさんのメッセージが台詞として表現されています。やはりスピルバーグ監督は、凄いですね。この完成度の高い作品を一年にも満たない期間で作ったそうです。今作ることが、重要なのですね。
 日本は、どうでしょう。現政権は報道の自由を制限しようとしています。民主主義が着々と破壊されているのを実感します。台詞の中に「報道の自由を守るのは報道しかない」と。報道機関だけでなく私たちも出来ることをしないと、恐ろしい日本になるのは間違いなさそうです。
ペンタゴン・ペーパーズ
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画