So-net無料ブログ作成
検索選択
クライミングジム ブログトップ

腰痛 [クライミングジム]

 GWは、如何お過ごしでしたか?
 連休前半は城ケ崎、後半は一日河又でクライミングでした。他の日は庭の草むしり、屋根のペンキ塗りと忙しい日々でしたが、これが良くありませんでした。慣れない中腰の姿勢での作業を連日したために、腰痛にみまわれてしまいました。以前から疲れがたまると軽い腰痛になる事はありましたが今回はかなり痛みが強く、また少し良くなったところで止めれば良いのにジムでクライミングをしてしまいました。何処のクライマーと同じで、我慢が出来ません。ある整形外科医が言っていました。「クライマーは故障しているのに少し良くなると、直ぐクライミングしたがるどうしようもない人種だ」と。
 私の場合恥ずかしいお話ですが、体中怪我だらけで腰痛圧迫骨折をはじめ、踵の粉砕骨折、アキレス腱の断裂、左目は針金が刺さって失明にちかくその他に骨折が数箇所。勿論障害保険はばっちり元を取って、車まで買えましたが・・・。その後遺症か、前触れも無く足首に痛みが走ったり、視神経が徐々に壊れて視界が狭くなってきたり、近年は腰痛にみまわれっる事が多くなりました。
 腰痛の原因が昔の腰椎圧迫骨折にあるのではないかと、今回の腰痛ではかなり深刻に心配になりましたので、腰痛に定評のあるらしい近所の整形外科でレントゲンの検査をしてもらいました。結果によってはクライミング人生に終止符を打つ事になるのではと冷や汗をながしましたが、以前骨折した腰椎は検査でも解らないほど治っているそうでした。ホットしたところで、今日はパンプ1へ行くことにしました。まだ腰に違和感はあるのですが、まったくクライマーはどうしようもありませんね。
 金曜日に再度整形外科に行く事になっていますが、今日クライミングして悪化したらどうしましょう・・・・・。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

クライミング復帰の日 [クライミングジム]

 右肘の手術から38日目の今日、PUMP2の軍艦の5.11bをリードする事が出来ました。
まだ完調とは言えませんが、今後に期待出来る状態まで回復した事に喜びを感じます。
まだ暫くリハビリと筋力トレーニングを続けなければなりませんが、まずは焦らず手術前のレベルまで戻したいと思っています。(#^.^#)
 明日から6日間ほど、ハワイ島に出かけます。以前からの夢だった世界の天文台が集まるマウナケア4205mでの星空観察に行ってきます。ここにある日本のすばる天文台の見学をしたかったのですが事前予約定員制のため、残念ながら入場できません。
ここからの星空と夕日は、非常に素晴らしいそうです。帰国次第写真を載せますので、ご覧になって下さい。


nice!(0)  コメント(0) 

ビレイヤー [クライミングジム]

2004年8月30日(月)ビレイヤーはパートナーかビレーマシンか?
   小川山で友人が集まった時の雑談のテーマで、ある事故の話を切っ掛けに始まった話題
  でした。フリークライミングのエリアやクライミングジムで、初対面の人等にビレーを請われたり
  依頼した事はないでしょうか。きっと何度か経験されている事と思います。このような場合、ビ
  レイヤーはビレーのみに責任を持ち、クライマーがどう登ろうとクリップミスをしようと関係ありま
  せん。時にはクライマーを殆ど見ていないビレイヤーもいます。ビレーマシンになりきっているわ
  けです。初対面の人ですから、よけいなお節介になることは決して言えませんよね。ですから、
  私の場合ビレーを請われた時は受けますが、依頼する事はありません。そのジムでよく顔を会
  わせたり挨拶くらい交わす人はたくさんいますので、たまにビレーを申し出てくれる方がいるの
  ですが遠慮させていただいています。ビレイヤーは常にパートナーであってほしいと思っている
  からです。
   私はミスをする人間です。ロープを結び忘れたり、ゼットクリップをしたりとたくさんのミスをして
  いますがビレイヤーには助けられました。パートナーとはお互いのミスをカバーし合う存在でもあ
  るのですから。
   こう考えるのもアルパインクライミングをやっていたからかも知れませんね。今までに何人もの
  パートナーの命を救ったり、パートナーに私自身救われた経験をもっているからだと思っていま
  す。エイト環にロープをセットしただけでハーネスにセットしないで懸垂下降に入ろうとした人、エ
  イト環をハーネスのギアラックにセットして下降しようとした人、セルフビレーをハーケン一本で取
  っていた人(その後、そのハーケンは指で引くと簡単に抜けてしまいました)、ハーネスのバック
  ルに末端を通さずに登ろうとしたり、思い出すと次々に出てきますが、パートナーの私が気がつ
  いて事なきを得た事例です。
   そんか経験から、私はビレーヤーはパートナーであってほしいと思っています。親切にビレーの
  申し出をいただいたのにお断りして、きっと気を悪くしている方もいらっしゃるかと思いますがご容
  赦下さい。


クライミングジムでの出来事 [クライミングジム]

2004年6月7日(月)
   先日某クライミングジムでのことでした。休憩していると、ビレーの依頼があったのですが
  そのクライマーからは酒気が感じられました。登りも心なしか・・・で、ビレーしていて結構不
  安でした。その後も二度三度と頼まれたのですが、お断りする事にしました。
   クライミングは常に危険をともなうので、これは自動車を、酒を飲んで運転するのと何ら変
  わらないのではないでしょうか。とても恐ろしい行為だと思うのですが・・。
   頼まれてビレーする時は、お酒を飲んでいないか聞いてからにしましょう。ウ~ンこれはチョ
  ット無理か。たしかクライミングジムでは、このような状態でクライミングしないように注意書き
  が有ったように思うのですが。やがて、ジムの受付に、アルコール検知器が置かれる時代が
  来るかもしれませんね。


クライミングジム ブログトップ