So-net無料ブログ作成

『原発ホワイトアウト』若杉冽=著 [読書]

 現役キャリア官僚が書いた「内部告発」小説です。勿論、著者名はペンネームです。
 11月16日の東京新聞「こちら特報部」で著者のインタビュー記事が載っています。政治家、官僚、電力業界の売国奴ぶりが良く解ります。国や国民の利益を最重要課題として考えるべき人間たちが、真逆の事を。このような政治家を選んだ国民をも断罪しています。著者は最後に、フクシマの悲劇に懲りなかった日本人は、今回の新崎原発事故でも、それが自分の日常生活に降りかからない限りは、また忘れる。喉元過ぎれば熱さを忘れる。日本人の宿癖であった。歴史は繰り返される。しかし、二度目は喜劇として。と書いている。
 この小説を読むと、ますます暗い気持ちになってしまいます。他にも秘密保護法案、NHK人事、福祉の切捨てと悪事ばかりです。16日の東京新聞「デスクメモ」を添付しました。是非、読んでみて下さい。

東京新聞デスクメモ小説「原発ホワイトアウト」
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0