So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

映画「羊と鋼の森」★★★★ [映画]

 ピアノの調律師を描いた作品です。
 昔からピアノには興味があって以前までよくピアノのコンサートに出かけていました。
 何かピアノを聞いている時のような心が癒され落ち着いた気持ちになれる映画でした。落ち着いた作品だけに俳優の演技が試されますが、どの配役も繊細な表現が出来ていてこの作品の雰囲気を作っていました。
 原作を読んで少しでも調律を知ってから観ると、なお楽しめると思います。
 原作は読み始めたら止まられず一気に読んでしまいました。映画は原作を越えられないと言うのが持論ですが、この映画と原作はそれぞれの表現で成功していると感じます。
 原作、映画の台詞の中にもありますが「才能っていうのはさ、ものすごく好きだっていう気持ちなんじゃないか。」「音楽は人生を楽しむためのものだ。はっきりと思った。決して誰かと競うようなものじゃない。勝負はあらかじめ決まっている。楽しんだものの勝ちだ。」、音楽をクライミングに置き換えるとそのまま私のクライミングへの考え方になります。
 久しぶりに、素晴らしい邦画を続けて観ました。
羊と鋼の森

タグ:羊と鋼の森
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

映画「リディバイダー」★★ [映画]

 大好きなSFアクション作品なので観に行ったのですが、今一つで残念。
 主演が素晴らしく視点も考えられているのですが、引き込まれる事のない時間でした。
リディバイダー
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

映画「タクシー運転手 約束は海を越えて」★★★★ [映画]

 韓国で起きた光州事件を世界に伝えるために、危険を覚悟で取材に行く外国人ジャーナリストとガイドのタクシー運転手を描いた作品です。韓国の強い民主主義は、この事件から始まったのでしょう。この作品とは視点が異なりますが、2008年に日本で公開された映画『光州5・18』を観てからこの作品を鑑賞するとより理解が深まります。このような経験が無い日本に民主主義は育たないのかもしれませんね。自衛隊が国民に銃を向ける日が来ないように祈るばかりです。
タクシー運転手
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

映画「万引き家族」★★★★★ [映画]

 カンヌ映画祭で最高賞のパルムドールを受賞した作品です。
 私のとって是枝監督の作品を観るのは『海よりもまだ深く』に次いで二作目です。日本にもこのような作品を作る監督が居るのだと、誇らしい思いです。日本の底辺と家族の形に問いかける作品になっています。結末が、あまりにも悲しくて・・・・。
 先日の東京新聞に興味深い記事が載っていましたので、参考にお読みいただければ嬉しいです。安倍首相が受賞についてコメント出来るはずもありませんね。あれだけ悲惨な相模原障害者施設殺傷事件の時もメッセージしなかったのですから。
それと是枝監督のサイトもご覧になって下さい。
 非常にお勧めする、映画です。
万引き家族万引き家族
タグ:万引き家族
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。